Press "Enter" to skip to content

かかりつけ医相談(補綴)

今日はもとのかかりつけ医で、抜歯した箇所の処置について相談。

選択肢といてはブリッジか義歯だが、自分としては
残った歯を2本も(悪くなってもいないのに)削るのは抵抗があるということで
義歯の方に気持ちが傾いていた。
無意識のうちに噛みしめる癖があるので、残った歯には極力負荷をかけたくないのである。

先生から双方のメリット・デメリットを説明していただく。
事前に調べていた内容とほぼ同様の説明だったが、
ブリッジの方がよく噛めて、そちらを選ぶ人が多いけれど、入れるためには
両脇の歯を削らなくてはならないのがネック。
義歯の方は、特に保険の方は「最低限の復元」といった感じで、噛む力に関しては
無いよりも多少マシといった感じらしい。
自費にすれば見た目はよくできるけれど、噛む力については保険と同程度。
ただし、簡単に取り外しできて清潔を保てる点は良い。
(ブリッジは隙間から虫歯になってしまうこともある)

総合すると、食べることに重点を置く人(特に男性)はブリッジを、
見栄えを気にする人は義歯(自費)を選ぶ傾向にあるらしい。
自費にすると、素材にもよるけれどもやはり10万円コースになる模様。
さて、それで自分はどうするかという話になるのだけれども…

今の状態として、歯が1本完全に欠けている訳ではあるけれども
正直なところ、食べるのにそれほど不自由はしていない。
あまり硬いものを食べないようにしているというのもあるけれども、
時々食べかすが患部に入ってしまうのが気になるくらいで、普通に食事をする分には
あまり不都合を感じていない。
なので、噛む力についてはそれほどでなくても何とかなりそうな気がしている。
一番イヤなのは残った歯に悪影響が出てしまうことで、ブリッジにしてしまうと
削った部分を後で戻せないのだ。
そのあたりが決め手となって、まずは保険適用の義歯を作ってみることにした。
それで気に入らなければ、いくらでも後でやり直しできるしね。
次回2週間後、型取りのために予約を入れて帰宅。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です