Press "Enter" to skip to content

術後1ヶ月

患部の穴はだいぶ気にならなくなってきた。
顎の麻痺の方も、最近ははっきりと感覚が違ってきたような気がする。

いざ診察。
患部のチェックは問題なし。
麻痺の方も、チェック(細い針金のようなもので触ってみる)してもらうと
以前よりも確実に感覚が戻ってきているようだ。
まだ完治には時間がかかりそうではあるけれど、思ったよりも早く戻りそうで
やや安心した。

患部も安定してきたということで、今後は抜歯した箇所をどうするかという話になる。
今回手術してもらった病院はあくまでも顎骨腫瘍(と、その後の後遺症)のみの
対応ということで、抜いた後の処置についてはかかりつけ医に戻って相談することに。
選択肢としてはブリッジか義歯(部分入れ歯)。
どちらも一長一短あるので、よく主治医と相談して決めてね、とのこと。
義歯は保険適用だと金具が目立ってしまうけど、自費で作ればそれなりに見栄えがいい
ものもあるらしい
(ノンクラスプデンチャーと言うらしい。値段も相応ではあるけれど)
とりあえず、かかりつけ医で説明を聞いてから決めることにする。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です