Press "Enter" to skip to content

手術(8/7)

6時の起床前に目が覚める。
何となく落ち着かないまま、とりあえず身支度を整える。
手術着に着替える。

6時、血圧と体温測定。
手動の血圧計だが、結構締め付けがキツくて痛い…。
終わった後、弾性ストッキングを履く。
履き方がよく分からず何度か失敗する。

7時、点滴開始。
これが人生初の点滴で、針がかなり太くて痛いと聞いていたので結構緊張する。
案の定針を指す場所の決定に時間がかかったが、挿入自体はスムーズで、1回で成功。
じっとしていると気にならないけれど、動かした拍子にどこかに当たるとやはり痛い。

手持ち無沙汰で何となく本を読んだりして過ごしている内に9時5分前となり、点滴を引きずりながら手術室に移動。
エレベーターで地下に降り、秘密の通路っぽい廊下を通ると、たくさんの扉があるホールに到着。
所定の手術室に入ると、主治医も含め大勢のスタッフがすでにスタンバイしている状態。
入り口の所で、名前、既往歴、今日の手術内容などを確認される。
その後いよいよ手術台に移動。
台は案外狭くて、体が大きい人なんかは大丈夫なのかと心配になってしまう。
横になるとすぐ心電図や酸素飽和度モニターが付けられる。
それぞれ担当が決まっているのだろうけど、やたらと手際がいい。
その後は酸素マスクが当てられて、ゆっくり深呼吸してくださいと指示がある。
点滴から眠くなるお薬入りますよと言われた後、何となくほわっとした感じになったかと思うと、そのまま意識が途絶えた。

名前を呼ばれる声で目が覚め、手術が終わった事を告げられる。
ああ終わったのかと思い、何となく舌で患部を探ってみるが、どうなっているのかいまいちよく分からない。
ぼーっとしたままベッドで部屋に戻り、また酸素マスクを付けられる。
このまま2時間ほど安静とのこと。
口の中に溜まった血を飲むと気持ち悪くなるので出してくださいね、とのことでティッシュとビニール袋を渡される。
何とか引っ張り出したスマホで時間を確認すると、11時15分くらい。
予定通り2時間程度手術室に居たことになる。
とりあえず横になっているしかないので寝ているが、酸素マスクが息苦しい。
取ってほしいところだけど、多分無理だろうと諦める。

酸素マスクもだけれど、足に履いたままの弾性ストッキングもかなり暑苦しい。
術後で体が熱っぽいこともあって寝苦しく、布団をかけているのが鬱陶しいくらいだ。
いっそ寝てしまいたいのだけれど、妙に気が昂っているのかなかなか寝付かれない。
それでもゴロゴロしているうちにいくらかはウトウトしていたらしい。
患部の出血は思ったほどではないが、時々ティッシュに出すとそれなりに出ている。
麻酔のせいか痛みはそれほど感じないけれど、顎全体に感じる痺れの方がむしろ気になる。

13時半頃、看護士さんが来て酸素マスクやモニター類を外してくれる。ストッキングも脱いでOKとのこと。
ベッドを起こして10分くらい様子を見て、問題なければ歩行OKとのことで、問題なくクリアし、ようやくトイレに立つ。
その後またゴロゴロしていると、先生がやってきて手術の話をしてくれる。
実際に顎を削って患部を見てみた所、腫瘍と歯が完全に癒着しているような状態だったため、やむなく抜歯したとのこと。
それは想定の範囲内だったので、今更特にショックではない。
何となく舌で患部を探って、「あ、無いわ」くらいのもの。
痛みについて聞かれたので、むしろ痺れが気になる事を話すと、今は麻酔ががっつり効いてるせいもあるけど、神経に影響が出ている可能性が高いので、明日からビタミン剤を出すとのこと。
(手術中、一時神経が完全に露出していたらしい)
手術中の様子(iPhoneで撮影した模様)を写真で見せてもらい、興味深く観察する。

夕方、ようやく麻酔が覚めてきたのか痺れが少し収まる。
が、唇と下顎の痺れはしっかり残り、やはり神経にダメージが出ている事を実感する。
6時、夕食は軟飯。おかずはミートローフ。
夕方までは全く食欲が無かったが、空腹には勝てず、完食する。
夕食後、歯磨きは避けて軽く口をゆすぐだけに止 留める。
改めて鏡で顔を見てみると、口の周りにあざのようなものが出来ている。
触ってみるとあざというよりは擦り傷で、どうやら手術中に器具で口を引っ張ったときにできたらしい。
後々、患部の腫れよりもこちらのほうが地味に痛くて気になるように。

夕食後は気分もある程度落ち着き、読者やネットを見て過ごす。
夕方から入れていた抗生剤の点滴も終わり、いったん管を外して(ロックする、と言うらしい)腕の所にネットでまとめておく。
明日の朝もう1本入れるそうだけれど、それまでは自由の身となる。

21時就寝、さすがに疲れていたのかすぐ眠る。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です